会長挨拶

藤本傳四郎蓮風
  昭和18年10月
300年以上続く歴代鍼灸・漢方の家の嫡子として生まれ,14代目を継承する。


昭和40年4月
卒後、大阪府堺市にて独立開業(21歳)


昭和43年
大阪市立大学,医学部解剖学教室助教授藤原知博士に学問的薫陶を受けるとともに,東洋医学の研究会「大阪経絡学説研究会」の代表幹事となる。


昭和53年〜61年
開業するかたわら母校関西鍼灸柔整専門学校の講師となる。

昭和54年
北辰会を設立。同会代表として開業以来、延べ65万人以上の患者を治療。

平成30年7月
一般社団法人北辰会会長に就任
臨床に徹し、精力的に難病治療・研究に取り組んでいる
 株式会社 PHP研究所 人名辞典掲載

一般社団法人北辰会は、東洋古医学の論理と手法を使った鍼灸医学の研究会である。 
内経・素問・霊枢の時代から受け継がれる真実を、臨床を通して確認し、会長藤本蓮風の独自の理論をその上に発展させ、会員の臨床追試によってそれを確固たるものにしている。

一般社団法人北辰会の治療方針はその理論的基礎を新中国の鍼灸医学、中医学においている。
古くからの伝統を継承し、なおかつ現代的な明快な感覚の理論で構成されているからである。


更に中医学ばかりでなく、日本独自の古医学であるところの腹診術や腹部打鍼法なども治療に取り入れている。
また現代鍼灸によく見られるように、診断は西洋医学、治療は東洋医学というような「木に竹を接ぐ」ような不自然な事は、断固として否定している。
これは根本である哲学が異なるからであり、医学として診断と治療は一体不可分の物でなければならないとの信念によるものである。
但し一般社団法人北辰会は西洋医学を敵対する立場を取っているわけではない。
寧ろ真の医学を標榜する為に、互いに手を携えて進む姿勢を取っている事をここで明らかにしておく。

一般社団法人北辰会の治療手法は、著しくツボの数が少ないのが特徴である。
これは戦局において兵力集中の原則があるのと同様、ツボの数が多いと治癒力を分散させ、かえって治療効果を妨げるとの事実によるものである。
またこのような少数穴による治療法は、使われたツボの有効無効を明確にし、そこから診断→治療→評価→診断のやり直し→新しい治療というフィードバックを可能とし、同時にツボの持つ性質を明確に浮き彫りにする事を可能としている。

最後に一般社団法人北辰会には秘伝・秘法は存在しない。
あくまでこの素晴らしい医学の発展と病に苦しむ人の救済の為、全ての技術はオープンにしている。
一人でも多くの鍼灸医、薬剤師、鍼灸に興味を抱く医師の参加を心から願うものである。

一般社団法人 北辰会会長   十四世鍼医 藤本蓮風

メインコンテンツ

サブコンテンツ