プライマリケア学会・第17回秋季生涯教育セミナー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年9月21日(土)~23日(月)に、大阪科学技術センターにて開催される「プライマリ・ケア学会、第17回秋季生涯教育セミナー」にて、本会所属の児玉和彦先生がご講演されます。

「WS8. 鍼灸治療の活用 はじめの一歩 鍼(はり)うち体験付き(予定)!」

9月21日(土)15:00〜18:00

藤田医科大学 総合診療プログラム  寺澤 佳洋

医療福祉生協連家庭医療学開発センター(CFMD)  藤沼 康樹

医療法人明雅会こだま小児科理事長  児玉 和彦

大磯治療院・ほんあつ治療院(総院長)  長谷川 尚哉

明治国際医療大学 はり・きゅう学講座 特任教授  福田 文彦

埼玉医科大学 東洋医学科  菊池 友和

 

“鍼灸のことはよくわかないけど、興味がある”といった方々に向けたプログラムです。

初学者でも問題はありません。

鍼灸治療は、実際に、どのようなことが行われているのか?

エビデンスがあるのか?

行うと混合診療になるのでは?

といった疑問に答えつつ、医師と鍼灸師の連携のカタチを提案し、鍼灸治療を活用する体制を共に考えていきます。

今回なんと、鍼(はり)をうったり触ったりする体験付き(予定)です!

鍼灸師も参加可能です。

 

※参加には、事前登録が必要で、7月29日より参加登録が始まります。
非学会員も参加可能ですが、人気のあるワークショップは参加登録開始当日に定員になることが例年です。
お申し込みはお早めに。

詳細

開催概要はこちらから

https://www.primary-care.or.jp/seminar_c/20190921/index.html

プログラムの詳細はこちらから

https://www.primary-care.or.jp/seminar_c/20190921/pro.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

多くの鍼灸師・医師・薬剤師が学ぶ、北辰会方式の最新情報

日々の臨床において、好ましい効果が得られなかったり、

治療の根拠が曖昧になって次の打ち手に迷ったりしていませんか?

北辰会では

・中医学の理論を体系的に習得

・日本や中国を中心とした古典の学習

・鍼灸と漢方薬の基礎と応用

・多数の難病・重症の治験例・カンファレンス

・少数鍼による無駄のない負担の少ない配穴

・日本古流派の考えを取り入れた手技

・現代で求められる衛生面・インシデント予防の知識

を学ぶことができます。

これにより、今まで手に負えなかった疾患や、西洋医学でも難しいとされる疾患を治すことができます。


一般社団法人 北辰会の最新情報はこちら

SNSでもご購読できます。