『経穴解説』韓国語訳が発刊されます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

蓮風会長著のが韓国語訳され、韓国で発刊されることが決まりました。

 

【訳者紹介】

オ·ジュンホ 先生

慶煕大学韓医学科を卒業、同大学院医事学で修士·博士を終える。現在、韓国韓医学研究院で韓国の伝統医学をより深く理解するため、古典韓医学書籍を研究. 訳書に「鍼灸經驗方」「食醫心鑑」「傷寒經驗方」「輕寶新篇」(以上共訳)などがある。

※「鍼灸經驗方」はホ・ジュンと同時代の人で鍼の名医であったホ・イムの著作であり、江戸期には日本でもよく読まれていた。『ほくと』10号,P26;「水腫刺針法」「刺腫攷」にて奥村学術部長が参照されています。

パク·サンヨン 先生

高麗大学哲学科を卒業、同校の国文学科大学院韓国漢文学で修士・博士号を取得。韓国古典翻訳院の「五洲衍文長箋散稿」の監修に参加し、韓国韓医学研究院 発売アプリ「私の手の中に東医宝鑑」の責任を務めた。2017年3月から2019年9月まで韓国韓医学研院の北京事務所所長を務め、現在、韓国韓医学研究院研究員として在職中。 訳書には「中国医学の起源」「傷寒經驗方」「傷寒論通俗講話」「気の自然像」「傷寒論十四講」などがある。

韓国韓医学研究院: https://www.kiom.re.kr/contents/siteMain.do?srch_mu_site=WEB

韓国出版社の話によるとオ·ジュンホ先生は医師であり、韓国韓医学研究院の著名な学者。また、パク·サンヨン先生は韓医学、漢方医学書籍を多数翻訳した経験のある方で同じ韓国韓医学研究院に所属されているとのこと。

両先生とも韓国内でもっとも実力のある方で、本書の翻訳者として最適任者であったとのことです。

約2ヵ月後、蓮風会長の手元に贈呈本が届く予定となっております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

多くの鍼灸師・医師・薬剤師が学ぶ、北辰会方式の最新情報

日々の臨床において、好ましい効果が得られなかったり、

治療の根拠が曖昧になって次の打ち手に迷ったりしていませんか?

北辰会では

・中医学の理論を体系的に習得

・日本や中国を中心とした古典の学習

・鍼灸と漢方薬の基礎と応用

・多数の難病・重症の治験例・カンファレンス

・少数鍼による無駄のない負担の少ない配穴

・日本古流派の考えを取り入れた手技

・現代で求められる衛生面・インシデント予防の知識

を学ぶことができます。

これにより、今まで手に負えなかった疾患や、西洋医学でも難しいとされる疾患を治すことができます。


一般社団法人 北辰会の最新情報はこちら

SNSでもご購読できます。