順雪会について

一般社団法人北辰会関東支部1年に1度の恒例イベント!!

順雪会(じゅんせつえ)

一般社団法人北辰会関東支部 では、毎年1月に群馬県・草津温泉にて、代表理事・藤本蓮 風代表も招き、宿泊型大規模研修会「順雪会(じゅんせつえ)」を開催しております。

順雪会はもともと、関東支部 の初代支部長である、群馬の中村順一(故人)を偲ぶ会として、平成10年より、群馬の温泉宿を中心に毎年2泊3日程度の 日程で開催しています。

現支部長、尾崎真哉の挨拶文 にもある様に、北辰会関東支部は、今から約二十数年前、当時一般社団法人全日本鍼灸学会の役員であった中村順一が、現一 般社団法人北辰会代表理事、藤本蓮風に宛てた一通の手紙が契機となり、中村順一を筆頭に、平成8年、群馬県、栃木県を中 心とした数十名の有志を中心に発足しました。

しかし、やっとの思いで発足 した翌年の平成9年の1月、中村順一は病により急逝してしまいました。

突然指導者を失った、当時の 関東支部は、一時的に存続の危機に見舞われたものの、残された会員の努力により徐々に発展の方向に向かい、現在、支部会 員は約80名に増え、活動の拠点を東京に移し、2009年度からは北辰会本部と共に一般社団法人として再出発し、現在鋭 意活動中です。

「順雪会」は、故中村順一の 1周忌にあたる平成10年1月から、中村順一を偲ぶとともに、蓮風代表をはじめ、本部会員と支部会員との親睦を深めるこ とを目的に、毎年恒例の行事となりました。

また「順雪会」は、中村順一 が健在だった頃、蓮風代表を群馬に招き講演会を開催すると、いつも記録的な大雪に見舞われたことから、「雪」と「順一」 と「北辰会」は大変縁が深いということで、それぞれから一字ずつ取って、生前の中村順一と親交が深かった、元関東支部役 員である、群馬の竹下謙が名付けたもので、第1回以降、毎年継続開催されております。

「順雪会」は、中村順一の墓 参はもちろん、温泉、勉強会、更にはスキーあり、カラオケあり、宴会ありの、大変楽しいイベント内容となっております。

近年では、蓮風代表をはじ め、本部役員の方、また、最近入会した、中村順一を知らない本部・支部の若い世代の会員の参加も年々増えてきておりま す。

中村順一も天国から、この様 子を笑顔で見守っている事と思います。


一般社団法人北辰会関東支部 「順雪会」 合宿型大規模研修会のご案内

 第19回 「順雪会」 合宿型大規模研修会のご案内

過去の「順雪会」の様子

「第15回順雪会」の写真の一部を以下にご紹介します。

ホテル前での集合写真です。
解散前の最後の集合写真です。皆さん、充実した表情でイキイキしています。(笑)


2日目の朝から2時間行わ れる、藤本蓮風代表による特別講義の様子。毎回スペシャルな内容の講義が展開されます。ちなみに2014年度は、「肝病についての序論」でした。


午後はスキー班、勉強会班 に分かれて、それぞれ親睦、学術を深めます。
こちらはスキー班の集合写真。盛り上がっています!!!


こちらはホテルに残ったメ ンバーでの勉強会班の様子。藤本彰宣育成部長による「弁証論治の中における打鍼と古代鍼」と題しての講義と実技です。真剣そのものです。

メインコンテンツ

サブコンテンツ