北辰会が現代に蘇らせた「刺さない鍼、夢分流打鍼術とは!?」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
北辰会

皆さんこんにちは、ブログ課スタッフの前田です(*’ω’*)
8月27日(日)は大阪森ノ宮学園にて、毎年恒例の「夏季研修会」が開催されました。

 

非会員の方でも半日にかけて北辰会の理論と実践を学べる
大人気の大型研修会!!
今年はなんと150名もの方にご参加いただきました\(^^)/

 

北辰会の夏季研修会では毎年「夢分流打鍼術」について学びますが、
なんと今年は初めて「刺鍼」コースも導入されるという、
記念すべき夏季研修会でもありました☆

 

夢分流打鍼術とは

 

さて、今回は夢分流打鍼術についてお話したいと思います♪

 

夢分流打鍼術とは、
今から約500年前の室町時代後期~安土桃山時代に
禅僧の夢分斎(むぶんさい)が編み出した治療法のことを言います( ..)φ

 

夢分流打鍼術には、
①問診せず腹部の状態のみで診断・治療を行う
②スリオロシの尖った針先の打鍼を使用する
といった特徴があります。

 

打鍼

↑こちらが夢分斎が使用していた夢分流打鍼のレプリカです。
鋭く長い鍼に、重厚感のある槌…。

当時はこの鍼を腹部に打ち入れていたんですね…(((;‘Д’)))

 

お腹で全身を診る夢分流腹診

 

さて、夢分斎はどのようにお腹を診たてていたのでしょうか?

 

夢分流腹診図

↑こちらが夢分流腹診図です

 

夢分流の疾病感は基本的に
腹壁の緊張=気血の鬱滞として捉えていました( ..)φ

 

北辰会では夢分流腹診を採用していますが、
①臓腑弁証における証明因子の一つ
②空間弁証における証明因子の一つ
として診ています。

 

夢分流腹診図 夢分流腹診図

つまりお腹を診てはいるけれど、全身を診ている。
お腹から全身における「上下左右前後の気の偏在」を診ています!

 

部分から全体を診るということですね(-`ω-)

 

現代人が気持ちよく受けられる夢分流打鍼術へ

 

そんな夢分流打鍼術に着目したのが、
当会代表の藤本蓮風先生です☆

 

藤本蓮風

 

蓮風先生は、夢分斎が使用していた打鍼を研究し、
先の尖った鍼ではなく、繊細な現代人に適した先の丸い刺さない鍼へと改良されました。

 

蓮風打鍼

↑改良に改良を重ね、作り出されたのがこちらの鍼です。
(素材は左から真鍮、銀、金、金です)

 

夢分流打鍼術は瞬時に気を動かすことが出来ますが、
気持ちよく鍼を受けられる優しい治療の為
刺鍼に適さない敏感な方や、正気の弱りがあり刺鍼出来ない状態の方も受けることが出来ます( ..)φ

 

そして打鍼は過去から現代まで、

夢分斎・御園意斎(室町~安土桃山時代)

奥田意伯(江戸時代)

藤本蓮風(昭和~現代)

北辰会会員 ←new!

 

といった時代の流れで私達へと受け継がれています(*’ω’*)

 

「一握りの名人芸で終わることなく、一定の修行をすれば誰もができる世界を目指す。」

そんな北辰会で是非皆さん一緒に勉強しましょう!

次回の大型研修会は、冬季に熱海で開催されますので
続報をお待ちください☆

 

夏季研修会の風景

 

北辰会

↑初級コース座学の様子

 

北辰会

↑腹診の指導中

北辰会

↑腹部だけでなく背部の経穴も観察しています

北辰会

↑安全を考慮しながら打鍼の指導を行っています

北辰会

↑最後はみんなで乾杯☆

 

以上、ブログ課スタッフ前田がお送りしました!(^^)!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

多くの鍼灸師・医師・薬剤師が学ぶ、北辰会方式の最新情報

日々の臨床において、好ましい効果が得られなかったり、

治療の根拠が曖昧になって次の打ち手に迷ったりしていませんか?

北辰会では

・中医学の理論を体系的に習得

・日本や中国を中心とした古典の学習

・鍼灸と漢方薬の基礎と応用

・多数の難病・重症の治験例・カンファレンス

・少数鍼による無駄のない負担の少ない配穴

・日本古流派の考えを取り入れた手技

・現代で求められる衛生面・インシデント予防の知識

を学ぶことができます。

これにより、今まで手に負えなかった疾患や、西洋医学でも難しいとされる疾患を治すことができます。


一般社団法人 北辰会の最新情報はこちら

SNSでもご購読できます。