『コロナ禍』~ 夏以降の考え方 Vol.2 ~(刺鍼動画あり)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

≪ 『コロナ禍』~ 夏以降の考え方 Vol.2 ~ ≫

 

前回は、コロナ禍の経緯から、目の前の患者さんがどのような病理状態にありうるか、ということについて示した。

今回は選穴例と共に刺鍼動画をご覧頂きたいと思う。

 

〖 公孫ー臨泣 〗

 

【公孫】:太陰脾経の絡穴、衝脈の主治穴

補(脾)気(陰)・・・相補気血(陰)

健脾利湿・清熱利湿、降逆

※補瀉は弁証および穴処の反応により変動します

 

 

【臨泣】:足少陽胆経の兪木穴、帯脈の主治穴

少陽枢機を調える・・・潜伏期間に邪が留まる膜原を透かす・・・疏肝(理気)

※疫毒の潜伏する場所とされる膜原に余裕を持たせる

※補瀉は弁証および穴処の反応により変動します

 

・戊土-甲木・・・剛柔陰陽

相互に効能を制約する面、活性化する面があるといえる。

※『難経』十難 参照

 

・衝脈-帯脈

一源三岐のうち衝脈は最も深い位置にあり上下する脈である。治療面では衝逆に対して効果を発する(肺炎に関わる心肺への衝逆を防ぐ)

帯脈は臍レベルを中心に一身を帯様にまとめ、衛気をフォローする面がある。

任督、陰陽の維脈、陰陽の蹻脈、は陰陽関係にあるといえよ。衝脈-帯脈は、一身の中心における上下の動き(衝脈)に対し、一身を外から帯びのように包む帯脈が陰陽関係にあると解釈できる。

 

以上を踏まえ、脾胃における虚実、肝気実、少陽枢機の不利、衛気不利、といった病態を鑑みて処置しておくことが肝要である。

 

【 指標 】

・脾兪・胃兪、足三里、三陰交、外関、太淵、合谷、雲門・中府などの虚実の反応

・心下~脾募・肺先・肝相火、胃土

・膩苔、舌尖~舌辺の状況

 

≪ 最後に ≫

自身が無症状病原体保有者かもしれない中、他人に感染さない、という努力はもちろん大切である。

「withコロナ」といわれる昨今において、仮に感染しても無症状、あるいは、軽度で済むよう術者自身はもちろんのこと、目の前の患者さんのために尽力することが我々の使命ではないだろうか。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

多くの鍼灸師・医師・薬剤師が学ぶ、北辰会方式の最新情報

日々の臨床において、好ましい効果が得られなかったり、

治療の根拠が曖昧になって次の打ち手に迷ったりしていませんか?

北辰会では

・中医学の理論を体系的に習得

・日本や中国を中心とした古典の学習

・鍼灸と漢方薬の基礎と応用

・多数の難病・重症の治験例・カンファレンス

・少数鍼による無駄のない負担の少ない配穴

・日本古流派の考えを取り入れた手技

・現代で求められる衛生面・インシデント予防の知識

を学ぶことができます。

これにより、今まで手に負えなかった疾患や、西洋医学でも難しいとされる疾患を治すことができます。


一般社団法人 北辰会の最新情報はこちら

SNSでもご購読できます。